こだわりを持って挑む

ストレートアイロンを操作している最中はテンションの掛け方に集中。

ストレートパーマの施術で重要な作業のひとつであるアイロン操作。

アイロンの挟む力を入れすぎると

要らない圧力と余計な熱が入り質感の低下などに繋がってきます。

必要な熱を必要な箇所に必要な量だけ入れていきます。

逆の手でガイドしてるブラシやコームのテンションも力加減はかなり重要になってきます。

熱の置き方、ガイドのコームの滑らせ方。

今回もほぼ納得のいく作業ができたと思います。

結果、なかなかな仕上がりを作ることができました。

どの施術でもそうですが、

ひとつひとつの作業を丁寧に積み重ねること。

そしてそこにこだわりを持ってやること。

ここからしか良い結果は出ないと思っています。

前の記事

2月11日(火祝)は休業

次の記事

卒業袴